ムラログ

自分が思ったこと、感じたことを素直に書いていく

「日本大正村」とても穏やかな時間が流れてて良い所だった

どうも、ムラです。

先日グーグルフォトの中身を見ていたんですけどね

友人と一緒に行った「日本大正村」の写真が沢山出てきて

それを見ながら結構良い所だったなぁなんて思い出してました。

日本昭和村や日本明治村と比べると知名度がちょっと劣る感じがあって

行ったことない人やそもそも知らないって人も多いんじゃないかと思います。

今回はなんで日本大正村に行くことになったのか?から

日本大正村の良かったところなどを書いていこうと思います。

 

日本大正村とは?

日本大正村(にほんたいしょうむら)は岐阜県恵那市にあテーマパークテーマパークである。

旧恵那郡明智町の町おこしとして構想、立村された。初代村長は高峰三枝子が、2代村長は司葉子が務め、2015年より三代目村長として竹下景子が務めた。

特定の敷地内に設けられた施設ではなく

街全体(旧・明知町)として大正時代の雰囲気を保存・再現した店舗、資料館、博物館などが軒を連ねている郵便局や銀行は実際の窓口業務も行っている。

大正浪漫館、日本大正村資料館、大正時代館の3施設に入館するには

共通入場券が必要であるが、それ以外の施設を見学するには入場料不要。

また、村内のレストランおよびコテージは旧明智町などが出資しして設立された第三セクターの大正ロマン株式会社が運営を行なっている。

日本昭和村(岐阜県美濃加茂市)、明治村(愛知県犬山市)と直接の関係は無いが、3村で連携は行われている。

wikiから引用

 上のwikiの開設は分かりやすいですね。

町全体が大正村とゆう一つのテーマパークになってるよってことです。

古い建物や景観をしっかり保存してありました。

ここに行くまで竹下景子さんが村長やってるなんて全く知りませんでしたし。

f:id:mura012:20171022003201j:plain

竹下景子さんを知らない人の為に写真貼っときます(笑)

キレイな方ですよね。

女優さんです

町役場の建物に就任式の写真なんかが飾ってありましたよ。

それでは事の発端から時系列的に書いていこうと思います。

写真はネットで拾ったモノと自分で撮ったモノ

後は友人に撮られたモノを貼っていきます。

是非最後までお付き合いください。

なぜ日本大正村に行くことになったのか?

事の発端は日曜のお昼過ぎに届いた友人からのLINEでした。

「どっか連れてってよ」

いきなりこれってなかなか焦りますよ(笑)

どっかってどこやねん!?

なかなかなムチャブリでしたがそこからあーでもない、こーでもないとやり取りして

結果14時頃に大正村に行くことが決まりました。

ボクが住んでるところから大正村がある明智までは1時間以内で行けてしまうので

到着予定が15時。

十分見て回れるって算段です。

 

そして車で友達を拾い

コンビニでドライブ用にコーヒーなんか買ったりして

楽しく出発。

ボクも友人も田舎の景色が大好きなので峠道やまさに田舎の風景を楽しみながらあっとゆう間に到着。

道が空いていたおかげか、予定より早く着きました。

日本大正村到着~大正ロマン館まで

大正村に就いたらまず大体の人は大正村浪漫亭に来ると思います。

ボクの車のナビがそこに到着するようになってたから

車で来る人はきっとそこに辿り着くはずです!

f:id:mura012:20171022005546j:plain

この建物の横に駐車場があります。

料金は無料で停められますから安心してください。

この中は一回にお土産屋さんがあります。

後はここで大正村のマップや資料なんかももらえます。

f:id:mura012:20171022010219p:plain

ちょっと見にくいですが大正村浪漫亭は真ん中ちょっと下の黄色い大きい丸の所です。

ここを出たボク達はそのまま地図の上の方に向かって歩き始めました。

無駄にオシャレな十六銀行

歩き始めて割とすぐでした。

レンガ造りの良い感じの建物が見えました。

なんだろねーとか言いながら見てたらまさかの十六銀行

f:id:mura012:20171022011040j:plain

 

f:id:mura012:20171022011140j:plain

 これって大正時代の建物か?

と疑問に思わなくもなかったですが

オシャレだったからよしとして通過

道歩いてるだけですごい良い雰囲気でした。

f:id:mura012:20171022011413j:plain

昔ながらって感じの道は良いですね。

この道は大正路地って言うらしいです。

それっぽい(笑)

このまま上がっていき大正村役場をちょこっと覗きました。

村役場の写真は撮ってないですがなかなか良い建物でした。

中には竹下景子さんをはじめ

歴代の村長の写真や。

当時の村長室があったりとなかなか見どころがあります。

次は八王子神社

大正路地を途中で左に抜けて歩いていたら石段を発見。

f:id:mura012:20171022012815j:plain

「どうする?いく?」

「当然行くでしょ!」

なんていいながら登りました。

短そうに見えて急だからメッチャ息切れました。

登った先が八王子神社です。

f:id:mura012:20171022013253j:plain

なんかデッカイしめ縄があったからとりあえず撮っておきました(笑)

説明とかあんまり読まないのでよく分からないですけど木々に囲まれてて良い所でした。

そいえばちょっと手前になんかありそうなデッカイ木もありましたね

f:id:mura012:20171022013636j:plain

f:id:mura012:20171022013700j:plain

感想はでっけーなしかないですけど(笑)

ちょっと神聖な雰囲気に癒されました。

f:id:mura012:20171022020112j:plain

そしてなぜか盗撮されていて

後で送られてきました。

 

そしたらここから寺コースに入ります。

龍護寺、遠山家累代の墓、秀光公供養塔なんかを見て回り

気付いたら元の大正路地まで戻って来ていました。

途中の道がまさに田舎の景色って感じで良かったですよ。

f:id:mura012:20171022014437j:plain

田んぼ見るとなんかノスタルジックな気持ちになるのはボクだけじゃないはず。

メインであろう大正ロマン館へ

元の場所までぐるっと一周して戻って来てしまったので

この流れで大正ロマン館に行くことにしました。

f:id:mura012:20171022014735j:plain

こんな感じの建物です。

友人にはぼかしを入れさせてもらいました

無断で使うわけにもいかないですし

なかなか立派な建物です。

中では展示やその時でイベントなんかもやってるみたいです。

みたいと言ってるのでお察しかと思いますがボク等は中に入ってません(笑)

建物や景色が見れればいいのであまりイベントとかに興味がなかったんです。

ちなみにボクのプロフィール画像はこの時友人に盗撮されたものです。

f:id:mura012:20170914214820j:plain

さすがデジイチ。

スマホとは訳が違う。

なんか良い写真です。

盗撮は良くないけど顔写ってないから許しました(笑)

f:id:mura012:20171022015442j:plain

ここは大正ロマン館の下なんですが6月頃に行くとキレイなバラ園になってるそうです。

ボク等が行った時はもう時期が過ぎていて儚いバラしか残ってませんでした。

バラ園見たかった・・・

旧三宅家

大正ロマン館からすぐの所に一気に時代が古くなったような建物がありました。

f:id:mura012:20171022125752j:plain

町文化財に指定されていて300年ぐらいの歴史がある家らしいです。

こうゆう古ぼけた感じの建物を見るとワクワクしてしまいます。

中にも入れましたよ。

玄関口から入って広い土間があり

奥の方にかまどなんかあって昔の生活を感じられました。

f:id:mura012:20171022130332j:plain

土間から上がると畳になっていてなぜか中心に囲碁のセットが(笑)

当時の娯楽だったんでしょうかね?

趣があってとても良い所でしたよ。

 

そこからはひたすら歩きました。

30分ほどさまよいながらお牧の方墓所を目指すことに。

 

お牧の方は明智光秀のお母さんです。

この村はいろんなところに明智光秀由来の場所があるので

歴史好きの人も楽しめるんじゃないでしょうか。

 

お牧の方墓所発見

歩けど全く見えてこない。

ひたすら坂道を登り続けていた僕等でしたが

道を間違えたか?と疑い始めました。

でも他に道ないし進むしかないと

黙々と汗垂れ流しで坂を歩いていました。

するとそれっぽい場所発見!

入っていく手前の所に

「敵は本能寺にあり」と書かれた石がありました。

「みっちゃんの有名なセリフじゃん!」

テンション上がりましたねー(笑)

f:id:mura012:20171022131522j:plain

ただ体力のない僕はここでダウン。

足ガクガクだったところを後ろにいた奴にまたも盗撮される。

ちょっと回復したところで進み始めた矢先。

危険な音がしました。

凶暴さが極まったような羽の音

あいつが目の前でホバリングしてました。

スズメバチ!!

姿を見た瞬間に「ぎゃぁぁぁ」

っと叫びながら逃走。

多分その時の反応の速さは脳のリミッター切ったんじゃないかってぐらい早かったと思います。

で、ふと後ろにいた奴がいないことに気づきました。

スズメバチでパニクッて友人放置してきました。

「なにがあったの?」

「スズメバチがいたから逃げた」

「いや教えろよ!」

「君なら大丈夫!」

そんなしょうもない会話をしながら

結局お牧の方墓所にはたどり着けずに撤退を余儀なくされました。

帰りは下りだったので比較的楽に戻れました。

ついでに通ってない所を見て帰ろうってなったので

ちょっと遠回りしつつ大正浪漫亭を目指すことに。

うかれ横丁

f:id:mura012:20171022132920j:plain

いろいろなギャラリーがあったり他よりも古い雰囲気の建物が多く残ってる場所でした。

f:id:mura012:20171022133029j:plain

お休み処の文字が右読みになっていて古臭さいなぁなんて笑いながら散策

f:id:mura012:20171022133133j:plain

これは渡り廊下のある家です。

マップにも載っているんですが最初は気づかずに通り過ぎてました(笑)

ぱっと見なんてことないですけど

考えるとよく作ったよなーなんて感心してしまます。

そんな感じでのんびり歩いて大正浪漫亭に帰還!

 

お土産にはなぜか葛餅をチョイスしました。

 

まとめ

今回まわったところで全体の3分の2ぐらいだと思います。

2時間ちょっとぐらいで回りました。

まだまだ見れる場所はありましたが時間と体力の問題で断念です。

歴史のある場所、モノが数多くある町なのでそういったモノが好きな人なら楽しめると思います。

でも子供はあまり楽しくはないかもしれませんね。

なんたってなにもないですから(笑)

ここは大正とゆう時代を感じて

穏やかな時を楽しみたい人にぜひ行って欲しい場所だと感じました。

興味が湧いたら一度行ってみて下さい。

ここまで読んでいただきありがとうございました。

奈良に行った時の記事もあるので良かったら見てみて下さい。

 

www.muralog1.com

 

最後に公式ページのリンク張っておきます。

nihon-taishomura.or.jp