ムラログ

ミニマリストになってよりシンプルにゆるさ全開でやってます。

ボクが結婚できない理由。したくない理由。

先日友人の結婚式に行ってきた。

結婚いいなぁと思うものの多分ボクは一生できないし、しないだろうとも思った。

なので今回は結婚できない、しない理由を書いていこうかなと思う。

今回は画像は一切ありません。

文字の装飾もしていません。

結構ネガティブ系の記事です。

「子供を作る気がない」の項からはかなり偏った考えが書かれてるので不快に思う方がいるかもしれません。

その時はそっとページを閉じてください

 

 

 

ボクの女性遍歴

特に恥ずかしくもないのでボクのショボい女性遍歴から始める。

付き合った相手は28年間で1人です。

まぁ少ないよね。

過去に告白されたことは何回かあったんだけどほぼすべてお断りしてきた。

周りが彼氏彼女を作って愛だ、恋だとやってる高校時代も流されることなくすべてお断りしてきた。

思春期で人並みに女性に興味はあったはずなんだけどね

自分からアタックしたことは人生で一度もない。

なんでかは分からない。

草食系だからかな?

女性に興味はあっても恋愛に興味がなかったんだろうと思う。

友達とずっと遊んでいた。

ひたすら遊んでいた。

別に男が好きなワケでもない、むしろクサい奴が多いから嫌いまである。

そんな僕だが専門学生時代に初めて彼女ができた。

多分19歳のとき

それが最初で最後かなと思ってる。

ちなみにこれが初恋だ。

その人とは2年ちょっと付き合って別れた

今では顔も思い出せないけど、とても好きだったのは確かだ。

なんなら今でも好きなんじゃないかと思う。

2度と会うことはないけどね。

それ以降つまり21歳からもう7年ほど彼女はいない。

よっぽどのことがない限り今後も彼女はできないだろう。

出会いもないし、出会う気もない。

以上がボクの恋愛遍歴です。

結婚できない、しない理由

ここから結婚できない理由としない理由をいくつか書いてまとめていきます。

低所得

とりあえず所得が低い。

これは絶望的だよね。

テキトーな人生を歩んできたツケだから仕方がない。

よく所得なんて関係ないって謳ってるサイトや人間がいるが

ボクは自分の所得が低いせいで奥さんに苦労させるなんて死んでも嫌だと思ってるタイプなのでこれはかなり致命的な部分。

で、結婚したいがために必死になって所得を増やすかと言われればそれもNOだ。

共働きで同じくらいの稼ぎがある人なら分からないけどね。

でも、そんな人と出会ってもおそらくボクは拒む気がする。

好きになれない

付き合った1人がホントに例外的な女性だったと思う。

それ以前もそれ以降も誰一人好きになる事がなかった。

仲良くなってもそんな感情が一切湧きおこらない。

どうしても恋愛感情まで発展しない。

元カノ様と別れてからアプローチしてくれた女性もいたけど

ダメだった。

「試しに付き合ってみればいいのに」とか適当なこと言ってくる友人もいたけど殴ってやろうかと思った。

「試しに」とか相手にも自分にも失礼すぎてどうしても無理!

1人になれる時間が大事

寂しがりだけど結構1人でいる時間が好きです。

映画、カラオケなんかは一人の方が楽しいと思ってます。

ちょっとした観光なんかも1人でふらっと行って適当に見てササっと帰るような人間です。

それを友人に言ったら「誘えよっ!」とか言われましたが

当日の朝の5時に誘って来るの?って聞いたら黙りました。

自分だけなら予定もいらない、気も使わなくていい、ホント楽ちんです。

仕事終わってから誰かと会うことが嫌いです。

仕事で多数の人間と関わってなお自分の時間を奪われるのが怖くてしかたないです。

自分より大事に思えるような人なら問題ないんだろうけどね

変われない、変わる気のないボクにとってそれは今後もあり得ない。

子供を作る気がない

ボクは子供が欲しいと全く思わない。

結婚をしても子供を作らなければいいだけだと思うかもしれないが

世間はまだ結婚、子供がセットになってると思う。

ボクが結婚したくない最大の理由がこれにあたる。

逆に子供がいらない相手となら結婚したいとまで思える。

 

ボクが子供を作りたくないワケを書いていこう

反出生主義

この考えを知ったのはつい最近の事でした。

 

反出生主義とは

反出生主義(はんしゅっしょうしゅぎ、Antinatalism)とは、子供を持つ事に対して否定的な意見を持つ哲学的な立場である。

 wikiから引用

 詳しくはwikiで見て下さい

反出生主義 - Wikipedia

ざっくり言えば人生は苦しい事の方が多いから生まれてこないほうがいいって考えです。

全てではないけど、ボクの子供に対する考えがこれに当てはまる部分が多かったです。

子供を持つ事に対するボクの考え

結婚は相手さえいればしてもいいかなと思ってる。

でも子供だけは絶対に欲しくない。

これは譲れない。

ただ嫌いだからとかそんな理由じゃない。

ボクは人にとって1番の幸運は生まれてこない事だと思ってる。

そして生まれてくる事がもっとも不幸な事だとも思ってる。

これは昔から漠然と頭の中にあった考えだ。

 

「生まれてこなければ楽しいことを知ることもできない」

なんて知り合いには言われたけど

それを知る必要があるのか?と思う。

生まれなければ「無」だよね?

「無」には感情も何もない。

幸福を追い求めることもしなくていい。

辛いことに頭を抱えることもない。

自分たちは生まれてしまった結果辛いことや幸せを感じている。

幸せな事だけならなにも言わないよ。

辛いことがあるのに何でそれを連鎖させようとするのかが分からない。

 

何のために子供を作るのか?

動物としての本能?

種の存続、繁栄?

自分たちの老後のため?

ただ可愛い、欲しいってゆう自己満足のため?

 

エゴが過ぎるんじゃないかな?

子供がそれを望んでるかなんてわかんないのにね。

 

この世は辛いことの方が圧倒的に多い。

これは事実だ。

生まれの環境次第ではもしかしたら逆になる可能性もなくはないが

ごく少数だと思う。

そもそも生まれた瞬間に死までのカウントダウンが始まる。

仏教の四苦がそこから始まる。

 

よく学生が自殺したなんてニュースで見るけど

自分の子供がそうならない確証はありますか?

絶対に守り通せますか?

ボクは子供にそれを約束できません。

 

いじめ問題、将来への不安

若者の自殺の原因は主にこの辺りでしょうか?

いじめなんてなにがキッカケで起こるのか、もはや想像もつかない時代です。

この国にいる限り将来への不安がなくなることはないでしょう。

自分が普通に生きてこられたからって子供がそう上手くいくとは限らない。

 

こんな時代に生まれてくる子供が可哀そうで仕方がないと思ってしまいます。

 

以上がボクの考えです。

非常に反出生主義に近い考えです。

まぁ人類滅びろとまでは思ってませんが

いずれ滅びるだろうからどうでもいい(笑)

 

まとめ

ボクが結婚できない理由はいろいろあるけど

子供が1番の理由だと思う。

自分はなにがあってもそこだけは譲れないので多分一生結婚はできない。

別に他の人が子供を作ることにまで口出しはしないけどね

愛する人との子供が欲しいと思うならそれでいいし

老後の生活を支えてもらうためって理由でもいいんじゃないかな。

他所はよそ、家はうちですし

でも溜め込むのも結構なストレスなんだよ。

だからこんなところに書きこむぐらいしか発散の方法がなかった。

 

それでも考えてしまう 

どこでこんな歪んだ考えになってしまったんだろう。

どちらかと言えば普通に生きてこられた。

生かして貰えてきたはずなのに。

親には「あんたも早く結婚して子供作りなさい」とか週1で言われる

そうすることが親孝行にもなるんだろうけど、嫌なモノは嫌なんだ。

ボクの考えを全部親にぶちまけたらきっと凹むだろう。

自分の子供がこんなこと考えてるなんて夢にも思ってないだろうし。

だから言えない。

会社の人間にも「そろそろ結婚しとかないと」とか言われるようになってきた。

そっちには一生する気ないからと適当にいってるけどね(笑)

今後どうなっていくんだろうか・・・

 

考えてもしょうがないんで寝るとしよう!